ビラ配りの許可は警察署の窓口に申請することになります。

普通の人は警察署に行くことなんてほとんどないと思いますし、できれば行きたくない人がほとんどだと思います。

心当たりがなくても妙にソワソワしたりするものです。

そこで、申請から許可までの流れを簡単にご説明いたします。

これは東京都のケースになりますが、全国ほぼどこでも同じと考えていいでしょう。

 

ビラ配りの道路使用許可の流れ

申請、そのまえに・・・

申請の前に、当事務所としては事前に相談に行くことをお勧めしています。

ビラ配りは局地的に許可される場所と申請しても許可されない場所があります。

原宿の竹下通りなんかはいい例で、あんなところでビラ配りをされたら歩行者のいい迷惑ですから許可できないのです。

ビラ配りの場所とビラの内容を相談し、特に問題がないということであれば申請書を作成して申請します。

 

申請は案外あっけない

道路使用許可の窓口に並び、順番が来たら申請しますが、警察署の職員さんが内容を確認し、問題がなければ手数料を支払って終わりです。

申請書の内容に不備がなければあっけないくらいに簡単に終わります。

ただし、最初の一回目はたいていどこかに見落としがあって修正をされることがあります。

修正には通常申請に使った印鑑と同じものが必要になりますのでここで印鑑を忘れると取りに帰らなければなりませんので注意しましょう。

 

受け取り

東京都の場合はなか2営業日で許可証が出来上がります。

受け取りは誰でもよく、東京都の場合は受け取りの受領印さえあれば委任状は必要ないようです。

警察署からの注意事項があればその時に簡単に説明がありますのでしっかり聞いておくようにしましょう。

業務のご案内

警察行政専門の行政書士である前場亮事務所が、お店や事務所を訪問し、最短で警察署の手続きを完了させます。

業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。
特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署のクセや傾向も熟知しています。

ビラ配り 許可
24,000円(税抜き)

お電話をいただければすぐにお伺いし、ハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。
お申込みはこちらからどうぞ
行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278 (10:00~20:00)