道路使用許可は申請書のトップに申請者を記載することになります。

この申請者の欄は特に会社か個人かで違いはありません。

会社であれば会社の名前と代表者を記載しますが、会社の登記簿まで添付することもありません。

また、ほかの警察行政の手続きと違って使用承諾書などの権利関係の疎明も必要ありません。

そのため、仮に会社で運営しているお店であっても個人名で申請して何の問題もないことになります。

しかし、例えば会社に何らかの後ろめたさがあって名前を出したくない場合もあるでしょうし、責任を取りたくないから個人名で申請しようということもあると思います。

しかしその場合は警察署の心証は悪くなりますし、何度も続くと敷居を高くしてしまいます。

そのため原則として会社の経営として道路使用許可を取得するのであれば会社の名前で申請するべきですし、それが許可制の趣旨にもなじむと思います。

 

ただし、会社での申請の場合は申請書に不備があった場合、会社印をその場で持っていないと修正ができません。

そのため警察署まで会社印をもっていきたくなかったり、よほどの急ぎの場合は個人申請のほうがいいかもしれません。

 

業務のご案内

警察行政専門の行政書士である前場亮事務所が、お店や事務所を訪問し、最短で警察署の手続きを完了させます。

業務地域は東京都を中心に関東全域を対応しています。
特に東京都に関しては年間100件以上の手続きをすることでほぼすべての地域に経験があり、各警察署のクセや傾向も熟知しています。

ビラ配り 許可
24,000円(税抜き)

お電話をいただければすぐにお伺いし、ハンコとサインさえしてくれれば残りは全部やります。
お申込みはこちらからどうぞ
行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel03‐6679‐2278 (10:00~20:00)